うまくない

 絶好のゴルフ日和の中、7時37分にアウトコースからスタートした。結果は46+49の95だった。

 今月はダブルペリアなので、楽しみは残ったが、150センチの美夢有ちゃんの230ヤードに届かないドライバーに愕然としながらボギーを重ねた。

 

 毎日のベランダでのアプローチの成果を見ることもなく、砕け散った。

若いのに何でうまいの?

 昨日東建ホームメイトカップを制した金谷拓実が22歳、KKT杯バンテリンレディスで初優勝を遂げた山下美夢有は19歳だ。

 

 幼いころからゴルフに取り組んだというが、そんなプロばかりの中で、この年齢で頂点を極めるとはどういうことか。

 

 確かに、ゴルフギアも指導方法も格段に進化している。でも、それらは平等に与えられているはずだ。彼女の身長は150センチなのに、安定して230ヤードのドライバーショットを放つ。

 

 経験の長さとミスの回数では、はるかに彼らを凌駕している70歳の僕だが、ここは初心に還って、彼女がこだわったプレーのリズム、スイングのテンポを真似してみようか?明日は国木原での紀ノ川会だ。

 

 

 

 

グラブをメンテナンス

 昨日から、ソフトボールで使っているグラブをメンテナンスしている。昨日は、3個のグラブに満遍なくドロースを刷り込んで皮に潤いを与えておいた。

 

 一日中雨の今日は、ダイソーに出かけて材料を準備して、まず色あせたミットに茶の靴墨を塗って、SSKのグローブには、縁取りの人工皮革の茶が禿げたところへ、白のアクリル絵の具を塗って乾かした。

 

 いつもはファーストミットしか使っていないが、かなり痛んできたので、次からは全部持って行って交互に使うようにしよう。

f:id:magasan:20210417202036j:plain

f:id:magasan:20210417202052j:plain

 

 

 

春の珍事か本物か

 タイガースが今夜も勝った。藤浪が6回を無失点に抑え、自ら全得点のツーランホームランを放った。

 

 リリーフ陣も完璧だった。首位独走だが巨人も追随しているので油断できないが、暗いニュースばかりの中で、大阪のファンにとっては、これ以上ない喜びだろう。

 

 今日はコロナについては触れないでおこう。

 

 

 

今年も自然薯を

 「桜の満開の10日後」が過ぎたので、自然薯の種芋をパイプに植えようと作業にかかった。

 先ずは苗床の準備。今年は2本のパイプを並列にして10本を植えることにして、深さ50センチの溝を掘った。

 

 それから、山で採ってきた土をパイプに詰めて、30センチ間隔で埋めて行った。それにつけても、作業がきつい。穴掘りもそうだが、山土の入った40キロほどの袋を一輪車に積んで運び、パイプに詰めたりしているうちにお昼になった。

 

 午後には、去年植えたむかごが成長した種芋を、1本づつ10本のパイプに植えた。

f:id:magasan:20210415202413j:plain

政田農園のマニュアルから

f:id:magasan:20210415202544j:plain

f:id:magasan:20210415202606j:plain

準備はできた

f:id:magasan:20210415202642j:plain

ここには種芋が育っているはず

f:id:magasan:20210415202722j:plain

土を入れたパイプを埋めていく

f:id:magasan:20210415202807j:plain

種芋も植えて完了

f:id:magasan:20210415202903j:plain

余った種芋は元のプランタで育てよう








 

体組成計それから

 2月2日から測り始めた体組成だが、2か月半を過ぎて、今日の数値と比較してみる。①体重 84.2⇒80.8 ②BMI 25.7⇒24.7 ③体脂肪率 17.0⇒13.8 ④筋肉量 66.3⇒66.1 ⑤内臓脂肪 15.513.5 基礎代謝 1951⇒1935 ⑦体内年齢 55⇒55 

と、改善が見られる。

 

 この間、毎日8000歩以上の散歩はほぼ欠かさず、ナイシトールは30日分を飲んだ。2週間前から、焼酎の量も3分の1にしている。

 

 基礎代謝量は70歳以上の平均が1290で、それを遥かに上回っていて、体内年齢の55歳に結びついている。

 

 ちなみに、母ちゃんは赤字がひとつもなく、体内年齢は54歳から51歳に下がっている。

また裂けた

 午前中に役場に行く用事があって、帰ってきたら車庫の前の道路が水でぬれているのに気が付いた。

 

 雨も降ってないのにおかしいなと、思うと同時に水道管の破裂を連想した。この100メートルにも満たない道路に水道管が埋設されていて、当時の施工業者のいい加減な工法で、すでに5カ所も破裂を起こしている。

 

 早速、水道事務所に連絡し、夕方には復旧したが、今日の場所も前に漏れたすぐ近くで、様子を伺うと「大きな石が載ってました」という。

 今時は、パイプの上に砂を入れるが、当時は掘った土をそのまま埋め戻していたようだ。

f:id:magasan:20210413170410j:plain

f:id:magasan:20210413170440j:plain